So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

NHK 大河ドラマ 八重の桜 キャスト主役の綾瀬はるかの本名は!? [八重の桜キャスト]

ayaseharuka21.jpg無題21.png

見事、2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の主役を獲得した
綾瀬はるかさん。

この一見、普通に本名のような名前が実は芸名であったことはご存知ですか?

「綾瀬」なんて、よーく考えたら有りそうで無いような苗字ですよね。
すっかり騙されていました(苦笑)

綾瀬さんのご出身が広島なので、広島方面の特有の苗字かな?
と思ってたんですが、その本名はもっと特有で、珍しいものだったんです。

その、八重の桜キャスト主役の綾瀬はるかの本名とは!

なんと!「蓼丸綾」さんだったんです。

読めますか?

「たでまるあや」さんですよ。

『蓼丸』は、広島でもかなり珍しい苗字のようで、起源などを
調べてみても、あまりいい情報は出て来ませんでした。

このめづらしさに、「韓国籍じゃないか?」などと、よくある吹聴が
ネット上では出ていますが、まったく定かではありません。

他にも八重の桜のキャストで珍しい芸名といえば、
新島襄(新島七五三太)のキャスト、オダギリジョーさんですが、
こちらは、読みは本名でした。

ただし、本名は漢字で、「小田切 譲」さんなんですね。

新島襄役ということで、ジョー繋がりのキャストか!?なんて
世間では言われていますが、新島襄の人柄の雰囲気と、
私個人的にはマッチしているキャストだなぁと思ってます。

今回は、主役のキャスト、綾瀬はるかさんの本名が、
あまりに衝撃的だったので記事を書きました。

現在3話まで終わりました。

今回のNHK大河ドラマの「八重の桜」は被災地支援の意味もあるようです。

いろんな地元産業でも「八重の桜」関連の商品を出していますね。
サイドに載せてある、日本酒なんかはよく売れているようですね。

みなさん、被災地支援と言うことで、気になる商品は
買われているようです。

少しでも、役に立てるといいですね。

きっと、NHK大河ドラマ「八重の桜」のキャストのみなさんも
被災地支援の気持ちで演じていると思うので、
そういった気持で今後も今回の大河ドラマを観て行きたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

八重の桜 視聴率 速報 3話 [八重の桜視聴率]

E585ABE9878DE381AEE6A19CE38080E8A5BFE5B3B6E38080E885B9E7AD8B.jpg

八重の桜 視聴率 速報 3話について。

NHK大河ドラマ「八重の桜」の視聴率についての反応は、
賛否が分かれますが、第1話の21.4%という好調のスタートで
話題になり、NHKサイドもご機嫌上々の会見をしてました。

その後、2話では18.8%と2.6%のダウンで、関係者のコメントは
静まり返った状態で、世間の評判としては少しトーンダウンしたような
雰囲気になってますね。



普通の民放のドラマですと、スタートは20%も行けば、ウハウハなもので、
その後は、15%に行くかいかないかだと、「視聴率の良いドラマ」の
部類に入ると思うんですが、

そういう視点で見ると、最初の“ごっつぁん視聴率”以降、
まだ18%の後半というのは、かなりいい方だと思うんですよね。

確かに初回からの落ち込みはありましたが、だいたいそんなもので、
初回は興味本位で見る人も多いです。

2話以降、続けて観ていく人がどれくらいいるかが、ドラマの本領で、
今回の「八重の桜」は19%くらいの人が、続けてみている。

これは、結構な人数だと思いますけどね。

で、視聴率の速報として、3話の視聴率ですが、
八重の桜3話“蹴散らして前へ”は18.1%。

前回より0.7%下がりましたが、まだ18%台をキープしてます。

このまま平均18~17%をキープしていくとしたら、大河ドラマの視聴率としたら、
結構良い感じですよ。

歴代のNHK大河ドラマで言えば、「龍馬伝」や「江」くらいの数字です。

「天地人」「篤姫」の平均視聴率20%越えには、及ばない事は
見えて来ましたが、「平清盛」のような失敗は無さそうな気がします。

これに対して、いろんな新しい撮影手法や機材などを投入した
NHKサイドがどう思っているのかは分かりませんが、
八重の桜の視聴率は“まぁまぁ”と言ったところでしょうか。

あとは、毎週土曜日に「総合チャンネル」で放映している再放送が
どんな視聴率なのかもあるでしょうね。

ネット上では、再放送についてもけっこう検索されてます。

しかし、NHKって、受信料を取っている会社なのに視聴率って
どう影響してくるんでしょうね?

世間からの評判とかでしょうか?

株式でもないでしょう?

まぁ、今のところ、八重の桜の視聴率はこんな感じです。

以上「八重の桜 視聴率 速報 3話」でした!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

八重の桜 キャスト 子役 新島七五三太 はこの子役! [八重の桜キャスト]

20120817-783256-1-N.jpg

八重の桜 キャスト 子役 新島七五三太の記事です。

NHK大河ドラマ「八重の桜」の第3話が明日に控えてます。
今回はどんなキャストが登場してくれるのか、楽しみですね^^

ところで、第2話は観ましたか?

八重の桜第2話“やむにやまれね心”で、八重の未来の夫、
新島襄の子供の頃、7歳の新島七五三太が登場しましたね。

新島七五三太は、大人になって、渡米するのですが、
その渡米中の船の中で「ジョー」と呼ばれてたことから、
“新島襄”になりました。

八重の桜の主人公、“八重”の夫となる時はもう新島襄なんですが、
実は、本名が「新島七五三太(にいじましめた)」なんですね。

その幼少期、7歳の頃のストーリーが、八重の桜第2話で出て来ましたが、
ネット上では、そのキャストに配役された子役に注目が集まってます。

新島七五三太(にいじましめた)の子役にキャスティングされたのは、
「小林 海人(こばやしかいと)」くん、11歳の子役タレントさんです。

子役といっても、もうキャリアは8年目です。
すでに数多くのドラマやCMに出演している子役さんで、
2007年以降、ちょい役ながらも毎年大河ドラマには出演しているそうです。

・大河ドラマ 風林火山 第34話(2007年、NHK)真田源五郎 役
・大河ドラマ 篤姫 第44回(2008年、NHK)田安亀之助 役
・大河ドラマ 天地人(2009年、NHK)豊臣秀頼(幼少) 役
・大河ドラマ 龍馬伝(2010年、NHK)楢崎次郎 役
・大河ドラマ 江?姫たちの戦国?最終回(2011年11月27日)保科幸松 役
・大河ドラマ 八重の桜(2013年1月13日) 新島七五三太(少年期)役

あっ、あの視聴率不調で有名な「平清盛」には出てませんでしたね(汗)


このCMは観たことあるんじゃないですか?
わたしはよく覚えてました。



それ以外にも、「妖怪人間ベム」「渡る世間は鬼ばかり」「GTO]など
数々のいろんなジャンルのドラマや、

「マクドナルド」「花王」「JR東日本」などCMにもかなり多数出ている、
マルチな子役タレントさんです。

今回は、やはり八重の子役の鈴木梨央ちゃんの影に隠れてしまいましたが、
この新島七五三太の子役の「小林海人」くんも今後が楽しみな実力派
子役の一人です。

【小林 海人(こばやし かいと、2001年12月11日 - )は、日本の子役である。
東京都大田区出身。テアトルアカデミー・劇団コスモス所属。】


第3話明日の放送を楽しみに待ちましょう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

NHK 八重の桜 子役 鈴木梨央 次のドラマは!? [八重の桜子役]

00002464.jpg

NHK大河ドラマ、八重の桜で第1話、第2話と登場した子役の鈴木梨央ちゃんが、
「カワイイ~」
「あの演技がうまい子はだれ?」
「どこの事務所の子役?」
「会津弁上手すぎるけど、出身はどこ!?」

など、ネット上でも話題沸騰中ですが、
ドラマの中の鈴木梨央ちゃんは、ほんとかわいかったですね^^

「おとっつぁまー」って走り回って、いかにもワンパクだった
“八重”のちっちゃい頃がよく分かる、実力派の演技でした。

第2の芦田愛菜ちゃん到来!!とも言われてますが、
本人も愛ちゃんに憧れて芸能界に入ったと公言しています。

八重の桜、第1話の放送が終わって、視聴者からNHKにわざわざ
「子役の子の演技が素晴らしかった」という声をたくさん送られるほどの
鈴木梨央ちゃんですが、今後はどうなっていくんでしょうね?

これまでも、大河ドラマに出演した天才子役は、

・2009年の「天地人」に、加藤清志郎くん
・2010年の「龍馬伝」に、濱田龍臣くん
・2011年の「江」に、芦田愛菜ちゃん

など、スターダムに乗っている子役タレントは、NHKの大河ドラマに
出演していますね。

この中の芦田愛菜ちゃんは、「江」に出演した何ヶ月後かに、
主演で出演した、あの「福くん」と共演した『マルモのおきて』で
一気にブレイクしましたね。

そうなると、鈴木梨央ちゃんの次のドラマ出演も気になります。

これだけ全国民に注目を浴びた、大河ドラマでの快挙ですから、
当然、番組スタッフや局のエライさんなんかも絶対に注目しているはずです。

年齢も、いま7歳の鈴木梨央ちゃんですが、
芦田愛菜ちゃんが大河ドラマに出たのもちょうど7歳。

今回が、テレビ出演2回目の鈴木梨央ちゃんは、5歳の時にテレビドラマで愛ちゃんの演技を見て、
「私も愛ちゃんになる!」と決めたそうです。

本人の意志が強かったのでしょうか?

見事に思った道のりの階段を駆け上がってますね。



ちなみにこれまでの梨央ちゃんの芸歴は、


ドラマ 「木曜22時カエルの王女さま」(CX)(皆川リコ役)

ドラマ 大河ドラマ「八重の桜」八重幼少役(NHK)

CM 「JA共済」

TV 「ペライチ」ショウイチコーナー(KTV)

TV 「中居正広の金曜日のスマたちへ」片付けのプロ 近藤麻理恵篇

スチール チャイルド本社「かんがえる 9月号 10月号」連載ページ エコあそび
(梨央ちゃんの所属事務所、ジョビィキッズプロダクションホームページより)

まだ若干7歳にしてもしっかりと経験を積んできているんですね。

こんな天才子役を獲得できた事務所もウハウハでしょうね。

現在の梨央ちゃんの将来の目標を聞かれた時、
「綾瀬はるかさんみたいに、みんなを笑顔にできる女優さんか歌手になりたい。
AKBさんや三日月さんがあこがれ…あ、違った『三日月』の絢香さんだ」という、

同じ八重の桜に出演している主演女優を持ち上げる、末恐ろしい器を見せたと同時に、
まだ7歳の子供の可愛さをのぞかせてくれた魅力的な子役女優ちゃんです。

これから、CMにドラマにバラエティにぜったい引っ張りだこな
八重の桜の子役、鈴木梨央ちゃんを応援していまーす!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

八重の桜 視聴率 速報 2話は! [八重の桜視聴率]

d0017307_11171166.jpg

八重の桜、第2話の視聴率速報です。

初回が21.4%と大好調スタートの視聴率をマークした八重の桜ですが、
これは初回の“ごっつぁん視聴率と見れないこともないです。
やはり、本当に視聴者が求めているかは、第2話以降にかかっていると
言えるでしょう。

CLo31h31+d+Igibq2lLSLpvOvYwMwkEFREoz16cqGiypeSPdQkcaiYPFW32EyXCrFV.jpg

その注目の第2話の視聴率ですが、18.8% (20:00-20:45 NHK 八重の桜 )
となりました。

これをどう見るか。

少ないのか、好調キープなのか?

視聴率、2.6%減となった2回目ですが、この日の他局の、
だいたい同じ時間帯の番組と比べると、やや多く、
その中では1番の視聴率でした。

初回の好評を受け、「手応えを感じている」と、上機嫌で会見を
開いたNHKの松本正之会長はどう感じられているでしょうね。

私、個人的には第2話を終えて、これからの展開も
面白く楽しめそうだと感じています。

普段、あまり注目しない会津地方の歴史の事は、
歴史マニアくらいしか興味がないように思えますが、
このようにテレビで放映してくれると、
興味が湧きますし、いままで知れなかった史実を知る楽しみもあります。



ただ、有名な歴史上の人物をピックアップして、
どこかで観たような番組を見せられるより、
時代に即したキャッチーなコンセプトがある方が、
共感も出来ると思いますしね。

この八重の桜は、激動の時代に活躍した女性の物語。

いまの時代も、世界的にいろんな過渡期で激動の時代。
そして、その中で、政治に女性がメインで活躍していくなど、
まさに、八重の桜は、今の時代を反映するようねテーマ。

そういう意味でも、これからの視聴率も期待できる大河ドラマですね。




ちなみにですが、
今回の第2話のストーリとこれからしばらくは、
「日米和親条約締結」と、「日米修好通商条約調印」という
日本が開港に向けてどんどん動き出して行く時代です。

こういう激動の世の中で、人々はどのように過ごしていたのか、
今の時代の私達にも参考になると思うので、
興味深く見て行きたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

八重の桜 感想 あらすじ 2話 [八重の桜あらすじ]

540859_c450.jpg

終わりましたね、八重の桜第2話“やむにやまれぬ心”
その感想と、あらすじのご紹介をいたします。

いきなりですが、出てるやん!!

子役の鈴木梨央ちゃん。てっきり第1話のみの出演かと思ったら、
今回も上手な演技を見せてくれました。

今回のような感じで、ちょくちょく出てくるんですかね^^
回想シーンとか。

「子役の鈴木梨央ちゃんは第1回のみの出演です!」とこのブログで
書いちゃったのが何だか恥ずかしい(汗)

でも、もう書いちゃったし、直すの面倒なのでそのままにします(苦笑)
あしからずご了承下さい。


で、まずは少し第2話のあらすじですが、
今回は、政治的な物事が少し動き出します。

その中心的なエピソードが、若手注目俳優の小栗旬さんが演じる、
吉田寅次郎(のちの吉田松陰、あの松下村塾で有名ですね)が、
アメリカへの密航を画策することがポイントなんです。

理由は、もちろん西洋のいろんな技術などを会得するため。

佐久間象山が開いている塾には、そういった当時の時代の
先進者たちが集まっていて、
当時の日本の鎖国状態に、世界に遅れていることを危惧している人たちが
集まっていたんですね。

その辺りの感想ですが、やっぱり重鎮というべきか、佐久間象山を演じる
「奥田瑛二」さんの演技は迫真でしたね!

昔は“トレンディ俳優”だったんですが、すっかりダンディな
実力派俳優さんになってます。
私は久しぶりに拝見したんですが、いい演技しますね!

それと「吉田寅次郎」の小栗旬さんも、やんちゃというか、
向上心の強い、思ったらまっしぐらな青年を演じるにはピッタリな
キャスティングだなー、と感心しました。

ほんと、今回の大河ドラマは面白い!


あらすじの続きですが、結局、寅次郎の渡米は失敗し、
佐久間象山が捕まり、塾が続けられず、
入塾していた、八重の兄「覚馬」が会津に戻るとこから、
次の展開が始まりました。

本格的に成長した「八重」の登場です。

そして、八重の“やむにやまれぬ心”、
つまり銃、砲術への思いが全面に伝えられ、とうとう八重は
砲術の世界へと1歩踏み出していくのでした。

感想は、「やっぱり“幕末のジャンヌ・ダルク”を演じても、可愛くなっちゃいます
綾瀬さんは」という感じです。

アクション的な場面が、スタンとバレバレな感じがちょっと....
でした。
あそこまで、派手なアクションにする必要はないと思いましたけどね(苦笑)

でも、そのやっぱり可愛らしい綾瀬さんが、どこまで“強い女性”を
演じられるでしょうか?

1年ありますからね。成長していく姿も楽しみです。

以上が、NHK大河ドラマ「八重の桜」第2話“やむにやまれぬ心”の
あらすじ&感想でした!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

八重の桜 ポスター 入手について



NHK大河ドラマ「八重の桜」、好評のドラマですので皆さん、
番組特性のポスターを入手したいと、ネットで調べているようなので、

このブログでも、“八重の桜 ポスター 入手”について調べてみました。

まず、その話題のポスターの画像はこちら↓↓↓

news121121_02_01.jpg

いいですね~

キリッとした眼差しが、まるで「女性版新撰組!」
時代的には新撰組のイメージも合いますが、あの“桜”印のハッピって
本当にあの時代にあったんでしょうか?

あの国営テレビ、NHKの大河ドラマのポスターですから、
ちゃんと時代背景や時代設定もかなり綿密に再現されていると思いますけど、

これに関しては、ポスターのために作ったという感じですよね^^

ポスターに書いてある八重の桜のキャッチフレーズが、

『この時代、咲いてみようじゃないの?』

ですから、それのイメージで衣装作ったという感じですね。

でも、綾瀬さんの表情や立ち姿が、八重の強さや決意など、
如実に表現されていて、いいポスターです!

これを入手するにはどこで手に入れたらいいんでしょうか?

かなり調べてみましたが、すでに普通に買うことも、
入手は困難となっています。

何とか見つけたのが、「ヤフーオークション」で販売されているのを、私が発見した時は
7000円でした。

こちら↓↓↓

八重の桜ポスター(ヤフーオークション)


すでに一つしかなく、残り時間も9時間でしたから、
このブログを読まれている時は、あるかどうか(汗)

すごい人気ですね!!

だって、八重の桜関連で、八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) というのが
あるんですが、中古販売でもすでに定価越えのプレミア価格。

それがこちらです↓↓↓



まだ第2回が終わったばかりですから、これらの八重の桜関連のグッズは
もう少し値段が上がっていくかもしれないです。経験上。

なので、早く入手したい人は今のうちに買ってしまう。

とにかくお買い得に手に入れたい方は、常に相場をチェックするか、
放送自体が終わってしばらくしてから入手するか、ですが、

やっぱり放送が終わると熱も冷めてしまうものですからね^^
オススメは、今のうちですね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

八重の桜 キャスト 松平容保 綾野剛さんについて [八重の桜キャスト]

20130112dog00m200013000c_450.jpg

八重の桜 キャスト 松平容保 綾野剛さんについての記事です。

いよいよ第2回目がはじまりますねー『八重の桜』!

今回から主役の綾瀬はるかさんも今回からフル出場で、
他のキャストの皆さんもどんどん出てきます。

「八重の桜」の男性キャスト陣はみな“イケメン”と評判です。
その中でも会津藩、第9代藩主、最後の藩主となった「松平容保」役の

“綾野剛“さんは、涼し気な顔立ちとミステリアスな雰囲気で、
女性から人気の俳優さんです。

「ヘルター・スケルター」では、少し情けない感じの役、
あと、最近では「るろうに剣心」にも出演されてましたね。

天性のハンサムボーイという感じではないんですが、
こんな「少し影のある男」に女性は惹かれたりするんですかね。

そんな綾野剛さんが、八重の桜で演じている「松平容保(まつだいらかたもり)」
という人物は、

とても領民に信頼の厚かった“人望”ある人物。
しかし、その愚直すぎる素行が、後に会津藩を危機に追いやってしまう、

という、難しい役柄なんですね。

DVjso.jpg

また、これまで演じてきた感じとまた全然違う役にチャレンジという感じですかね。

でも、顔が和風だからかな、似合いますよね“時代劇”

最初、綾野剛さんはこの松平容保という役のオファーを貰った時は、
“殿様”のイメージが“年配”というのに繋がっていたので、
驚いたといいます。

しかし、今は松平容保と一緒に大きく成長して行きたいと思っているそうです。

八重の桜の撮影現場では、一緒の出演シーンが多い
「会津藩の家老・西郷頼母」役の西田敏行さんと仲がいいそう。
演技の部分でも助けられているようです。

この舞台中の設定では、綾野剛さんの松平容保は16歳、
西田敏行さんの西郷頼母は21歳。

昔の人は、今に比べるとだいぶん短命だし、老けるのも早いというか、
しっかり、自分で生きて行かないと行けない年齢が、若いんでしょうね。

昔の人は大変だったんです。

話は変わって、綾野剛さん最近は熱愛報道も聞かないですね。
昨年、戸田恵梨香さんとの破局が報じられた後はさっぱり。

あの時はどちらかと言うと戸田さんの方って感じでしたけど、
今後はどうなるでしょうね。



八重の桜、綾野剛さんの松平容保もどのようになっていくか
楽しみに見て行きたいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

NHK八重の桜 再放送 [八重の桜再放送]

20130106dog00m200017000c_450.jpg

NHK大河ドラマ、八重の桜 再放送についての情報です。

視聴率も好調で、視聴者の評価も好評の「八重の桜」第1回目でしたが、
本日、12日の土曜日、午後1時より再放送が放映されましたね。

本日の再放送は、拡大版の第1回目なので、
午後1:00~1:50の74分でした。

再放送まで見逃してしまったという方は、
明日の第2回を観る前にでも、第1回のダイジェストをどうぞ!



今後も「八重の桜」の再放送は、NHK<総合>チャンネルで、
本放送の翌週、土曜日の午後1:00から放送されますので、
本放送を見逃された方は、

翌週土曜日の再放送をご利用して下さい^^


今日の再放送では、第1回目のみの出演となる、
主人公“八重”の7歳の頃を熱演した子役の「鈴木梨央ちゃん」が
また観られましたね。

会津弁の上手さや、演技の上手さ、可愛さでかなり世間から注目された
鈴木梨央ちゃん。

今回、再放送のあった、第1回目では、やんちゃな八重の幼少期を演じたので、
木登りのシーンがあったんですが、

どうも高いところは苦手のようで、

「木登りのシーンは、高いところが苦手なのでとても怖かったけど、八重さんになりきって一生懸命頑張りました。」

とコメントしてました。


今後も見どころたくさんのNHK大河ドラマ「八重の桜」、
本放送を見逃した方も、ちゃんと観た方もぜひ、
翌週土曜日、<総合>の再放送を利用したいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

八重の桜 評価 感想 第1回が終わって [八重の桜評価・感想]

mig.jpg

大河ドラマ、八重の桜 評価 感想をまとめた記事です。

第1回の放送が終わった「八重の桜」、前回の「平清盛」の
視聴率不調から、大挽回を狙いたいNHKさんも期待の第1回目は

好調な視聴率でスタート出来ましたね^^



最初の1回目ですし、「平清盛」の不調が逆に注目を集めて、
「今回はどうなるかな?」という怖いもの見たさもあったでしょう。

では、内容に関して、八重の桜の第1回を観た人の評価はどうだったんでしょうか?

私の感想は、やっぱり気合が入っているな。キャスティングから見せ方、
撮影方法まで練りに練った感じが、伺えて、このまま面白く観せてくるるんじゃないか
という期待感で、八重の桜を感じました。

では、他の視聴者の皆さんの評価・感想はどうだったんでしょうか?

こちらにまとめてみたいと思います。

・全体的に、作家さん&スタッフさんの「新しい大河ドラマ造りに挑戦」するがの如き姿勢が垣間見え、それに応えるかのような若い役者さんたちの頑張りが感じられたからです

・とても爽やかな映像の連続

・主要キャラの性格付けはもちろんのこと、当時の時流や会津人の気質を各キャラのエピソードを交えつつわかりやすく描き、かつ後々の伏線もさりげなく織り込むなど、まことに見事な初回でありました。これは1年間楽しませてくれそうであります。

・八重の桜はやえちゃん(子役)がよすぎた。そして、覚馬さんに(西嶋さん)どうしたら惚れないでいられるのか。どうでもいいけど、近々おとんと会津までドライブ行くかも。

・八重の桜、子役(鈴木梨央)が素晴らしすぎる。直江兼続の時の加藤清史郎くんと同じぐらい素晴らしい。

・八重の桜、映像美が素晴らしいですね。風景が素晴らしい!そして西島さん、綾乃さん、小栗さん、長谷川さんとイケメン揃いでうれしいです。

と、他にもいろいろありましたが、
全体的に「子役」の鈴木梨央 (すずきりお)ちゃんの評価がめちゃめちゃ高かった事と、
可愛さ、そして画像の美しさが好評価でしたね。

このブログの中でも鈴木梨央ちゃんの記事を書きましたが、
あの、芦田愛菜ちゃんと同じ事務所で、芦田愛菜ちゃんを目標としているということで、
将来が楽しみですね。

残念ながら、八重の桜では、おそらく第1回目だけの出演でしょう。

ということで、次回から本格的に主役の綾瀬はるかさんを筆頭に、
豪華なキャストが次々と出演してくれます。

より一層楽しみな大河ドラマ「八重の桜」第2回目は間もなく!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -
So-net無料ブログ作成
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。