So-net無料ブログ作成
検索選択

大河ドラマ 八重の桜 キャスト 八重に関わる会津藩の人物 [八重の桜キャスト]

スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体





NHK大河ドラマ 2013 八重の桜 キャスト 豪華な顔ぶれの一覧の2記事目です。

2013年の期待のNHK大河ドラマ「八重の桜」。

この作品の舞台は、現在で言う福島県西部と新潟県の、一部を治めた、
“会津藩”が舞台であり、会津藩の主要人物がドラマのストーリーに
深く関わってきます。

会津藩と一言で言っても、何百年も続いた時代背景があり、
治めていた藩主も変わってきたのですが、このドラマの舞台は、
1600年代中盤から会津藩を治めていた“保科家”が後に改姓した

“松平家”の第9代藩主「松平容保」(まつだいらかたもり)の時代の話です。

そして、この容保の家系からは後に、
初代参議院議長の松平恒雄・雍仁親王妃勢津子父子、福島県知事の松平勇雄や、
現:徳川宗家当主德川恒孝が出ているという、立派な家系なんですねー


今回の「八重の桜」で、八重に関わる会津藩の人物をどんなキャストが
演じていくのでしょうか。

ここにご紹介します!


まず、藩主、「松平容保」のキャストには綾野剛さんが。

20120530172517_09_400.jpg

人物像は、

『会津藩最後の藩主。“会津魂”の象徴として、
領民からも敬われるが、その清廉すぎる性格があだにもなっていく...』

そして、その義姉に「照姫」という人物がいまして、
その役には稲森いずみさんが演じます。

2012266_201205300861925001338379129b.jpg

この人は

『子のいなかった松平家の養女となった人物で、書道・茶道のほか、
和歌や琴などもたしなむ、この時代の女性の中の女性という感じで、
会津女性の憧れの的だったという人物』
です。


で、この会津藩の中に後に主人公の八重と結婚する男性が。

それが、法学者の「川崎尚之助」(かわさきしょうのすけ)であります。

このキャストには、“セカンドバージン”の長谷川博巳さんが。

20120530155330_03_400.jpg

人物像は『江戸の佐久間象山塾で、八重の兄、各魔都出会い
後に会津に訪れることになる。その時、山本家に居候することとなり、
後に八重と結婚することになります』


ここまでが、2013年のNHK大河「八重の桜」の主要人物ですね。

その他にも、会津藩の登場人物として、

会津藩家老、「西郷頼母」(さいごうたのも)が。
この人物のキャスティングは、大御所、西田敏行さん。

20120530172941_15_400.jpg

『代々、会津藩の家老職を勤める家柄に生まれ、藩のために尽力するのだが、
最終的には、家老職を解任されてしまう』

という人物なんです。


もう一人、玉山鉄二さんがキャストされた、「山川大蔵」(やまかわおおくら)
という人物がいてまして、

20120530172812_10_400.jpg

この人物は『八重の幼なじみで、会津藩国家老を勤める家柄の長男。
八重とは同い年で、なにかと八重とはぶつかるのだが、実はお互いに
淡い恋心を抱いている』

という、八重の人生にはとても関わり深い人物なんですね。


ここまでが、NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台になる会津藩の
主要人物でした。

「八重の桜」のキャストについては、最後にもう1記事ありますので、
そちらも併せてご覧ください。


スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
So-net無料ブログ作成
検索選択
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。