So-net無料ブログ作成
検索選択

大河ドラマ 八重の桜 キャスト 八重関連人物 [八重の桜キャスト]

スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体





大河ドラマ 2013 八重の桜 キャスト 豪華な顔ぶれの一覧③の記事です。

2013年のNHK大河ドラマ 八重の桜 キャスト 豪華な顔ぶれの一覧の3記事目です。

お次は、主人公“八重”に関わる登場人物のキャストと人物像をご紹介。

今回ご紹介する人物&キャストは、八重と、八重の兄“山本覚馬”に
深く関わっていく登場人物です。


まずは、八重に関係する人物の2人。

八重の親友の「高木時尾」(たかぎときお)。
この人物には、貫地谷しほり さんが抜擢されました。

人物像は、『八重の親友であり、無二の親友でもある。後には会津藩主「松平容保」の
義姉、「照姫」の書記となり、斎藤一(キャストは降谷建志)と結婚すことになります。』です。


もう一人の人物は、「日向ユキ」。(ひなたゆき)
この時代に珍しかったであろう“ユキ”という名前のこの人物は、
八重の幼なじみ。

このキャストには、剛力彩芽さんが選ばれましたね。
剛力さんは、月9ドラマと大河ドラマの両立ですね~

d096270da2466a66a63c88a1552a598e.jpg

さすがいま注目のタレント!と言ったところでしょうか。

この人物は、『八重の隣家で生まれ育った、明るくて純粋な性格の女性。
6つ年上の八重のことを“八重姉様”と読んで慕っていたといいます』

人物背景にピッタリなキャスティングですね。


次は、八重の兄、「覚馬」に関係深い人物3名です。

最初に、覚馬が弟子入りした“洋学者”「佐久間象山」(さくましょうざん)先生。
これには昔のトレンディ俳優、奥田瑛二さんがキャスティングされています。

300x.jpg

この人物は、『信州・松代の藩士で文武両断の才能の持ち主。
さらに人格者ということで、多くの人から信用が深く、
有名な歴史上の人物、「勝海舟」や「吉田松陰」という日本の歴史を
動かした大物人物も、この佐久間象山から育っている』

という方。

このドラマの大きなポイントになっていきそうな人物ですよね。


そして、先程も名前が出てきましたが、覚馬と同じく佐久間象山の弟子である「吉田松陰」
これには、なんと、あの若手実力俳優の、小栗旬がキャスティングされているんですねー

oguri.jpg

いや~、個人的に似合うなぁという感想です。

吉田松陰は多くの方がご存知でしょうが一応、
『象山塾の門下生で、覚馬の良きライバル。覚馬らと学んだ末に、
長州藩藩校の教授になります。
後に、あの有名な松下村塾を開いて、後進者を育成していく』


また、同じく先程も名前が出てきた『勝海舟』も登場するのですが、
これには、あの個性は俳優、生瀬勝久さんがキャスティングされてます。

nama.jpg

これも、何だか、“ナイスキャスト”という感じじゃないですか?
完全にイメージが一致というわけではないですが、
何か、面白そうな予感がするというか^^

こちらは。『佐久間象山と共に覚馬に洋学を教える。日本人として初めて
渡米も果たす。その後に幕府・軍艦奉行に着任』という人物ですね。

いや~、このブログでのNHK2013大河ドラマ「八重の桜」のメインキャストご紹介は、
今回の記事で、全部でしたが、どのキャストの方も個性があり、
どんな演技を見せてくれるか楽しみな方ばかりでした。

各、キャストの方にスポットを当てて、また記事を書いて行きたいとも
思いますので、また、よければご覧ください^^




スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
So-net無料ブログ作成
検索選択
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。