So-net無料ブログ作成
検索選択

大河ドラマ 八重の桜 原作

スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体





八重の桜 原作について調べてみました。

初放送が16日に迫ってきた、期待の2013年NHK大河ドラマ
「八重の桜」。

いろんな事でみなさん前もってネットで調べられてます^^

今回は“八重の桜 原作”についてですが、
原作というものは、特に無いそうで、NHKが独自にタイトル付けから
ストーリー作成を行ったようですね。




そこで、八重の桜の原作とは違いますが、主人公の「新島八重」(にいじまやえ)さんに関して
書かれた書籍は、以下のようにあります。

・『会津おんな戦記』筑摩書房、1978年 / 著者:福本武久(ISBN 4480802304)

・『新島襄とその妻』新潮社、1978年 / 著者:福本武久 (ISBN 4103487011)

・『幕末銃姫伝』中央公論新社、2010年 / 著者:藤本ひとみ (ISBN 9784120041259))

・『月影の道―小説・新島八重』文藝春秋、2012年 / 著者:蜂谷涼 (ISBN 9784167760045)

「八重の桜」自体の原作はなくとも、これらの小説などはきっと参考にされていますし、
また違う、新島八重とその周りの人達について、違った視点で描かれていると思いますので、

大河ドラマで観ながら、これらの小説を読むのも面白いかも知れませんね^^

ちなみに、マンガでは、

・『清らに たかく ?ハンサム・ガール 八重の生き方?』(松尾しより/双葉社)

・『ハンサム・レディ―新島八重物語―』(藤井みつる/秋水社・大都社)

・『八重子らんしょ!』(江崎ころすけ/小池書院)

というものがあるようです。

調べてみると、いろいろ新島八重を描いた書籍がありますよねー
それだけ、注目されている歴史上の人物を描いた、
2013年の大河ドラマ「八重の桜」は、前回の失敗を学習した
期待できるもののような予感がします。

個人的に綾瀬はるかさんもファンですし、楽しみです^^

最後に、こちらの書籍がAmazonなどで販売されていまして、
一見、八重の桜の原作? と見えてしまいますが、

こちらは原作ではなく、2013年NHK大河ドラマ『八重の桜』を完全ノベライズしたものなんです。




全4巻が刊行開始されているようですので、ファンの方は、こちらも要チェックですね!




スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成
検索選択
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。