So-net無料ブログ作成
検索選択

大河ドラマ 八重の桜 ネタバレ あらすじ 第2回 予告動画 [八重の桜あらすじ]

スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体





八重の桜 ネタバレ あらすじ 第2回予告動画についての記事です。

いよいよ始まった期待の2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」

話題の第1回目は、冒頭で、成長した山本八重(綾瀬はるか)が出てきましたが、
基本的に、八重の幼少期のお話でした。

それを演じたのが「鈴木梨央(すずきりお)」ちゃん。
子供らしくて可愛かったですね。

わんぱくな八重の幼少期を演じるにあたり、
じつは高い場所が苦手な梨央ちゃんは、木のぼりのシーンが恐かったそうです。

でも、ちゃんと役になりきって、頑張ったそうですよ^^

小さくても“女優”なんですねー



そして気になる第2回の放送ですが、
放送日は1月13日(日)の夜8:00から

八重の桜、第2回の“ネタバレあらすじ”ですが、いよいよ
お待ちかねの綾瀬はるか“八重”が登場!!

スタッフが驚くほどの運動神経を見せ、見事活発な“幕末のジャンヌ・ダルク”
「山本八重」を演じているそうです。


ではまず、あらすじ(ネタバレ注意)ですが、

山本八重(綾瀬はるか)の武芸に秀でた人格者の兄、山本覚馬(西島秀俊)は、 “洋学者”で、信州・松代藩士の佐久間象山(奥田瑛二)の塾で、 会津藩に先んじて西洋の技術を貪欲に習得していく長州藩士、吉田寅次郎(=松陰・小栗旬)など、 他藩の動きを知り、焦っていた。   そんな折、吉田寅次郎がアメリカへの密航を企て、象山がそれをそそのかしたとして捕縛される事件が勃発。 仕方なく覚馬は会津へ戻ることになる。 そのころ会津では、時代を動かす新式銃に強く憧れを抱いている八重が、 会津藩砲術指南役の父や母から砲術への思いを断つよう厳しく諭されていた....


吉田寅次郎、後の松蔭は、アメリカへの密航が原因で、
斬首の刑でなくなっていますが、
その元となるエピソードがここにあるんですね。


この回から頻繁に出てくる“銃”というキーワードは、
「八重の桜」で肝となる重要なファクターですが、もう2回目から
どんどん出てきて、それだけこの時代は銃の行く末に左右された時代だった
ことも伺えますね。


そして、メインで登場しだす綾瀬はるかさん“八重”は成長した後も
幼少期と変わらない活発さを強調した登場だそうです。

また、佐久間象山の塾内での出来事のシーンでは、
八重の最初の夫となる人物が登場するようですね。

これもネタバレしちゃいますと、この方は新島襄ではなく、

「川崎尚之助」という洋学者で、長谷川博己さんが演じてます。

この回で2人の出会いはあるのでしょうか?
その部分も楽しみにしたいですね^^

第2回の予告動画はこちら→http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/outline/




スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成
検索選択
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。