So-net無料ブログ作成

綾瀬はるか 大河 撮影 [八重の桜、撮影の裏情報]

スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体





90ee8_929_spnldpc-20130105-0006-0.jpg

綾瀬はるか 大河 撮影の記事はこちらです。

以外にも、大河ドラマがこの『八重の桜』で初出演となる綾瀬はるかさん、
初出演で初主演とは、さすがいま大活躍の女優ですね!

その綾瀬はるかさんの撮影はどんな様子なのでしょうか?

「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)では、かなり普段の綾瀬はるかさんに
近いような、天然だけど頑張り屋のOLを演じていましたが、

「JIN―仁―」(TBS系)では、今回の大河ドラマのような、
昔の時代の女性を演じていました。

しかし、民放のフィクション色の強いドラマとは違い、
今回は国民テレビのNHKでの大河ドラマです。

普段のポワ~ンとした可愛らしい雰囲気は出せないでしょう。

綾瀬はるかさん自身は、この大河ドラマの撮影について、こんな風に語ってました。

「1年間の撮影で役を演じるのは、長いようで以外とあっという間に終わるかも。 その時に公開の無いよう、撮影が終わった後には自分が成長できた!と思えるように頑張りたい」


今回の2013年大河ドラマは、あのもうすぐ2年が経とうとしている、
東北大震災の一日でも早い復興と、現地の方たちの元気の源になるようにと
願いを込められ、その地方が舞台となっている大河ドラマ。

2012年の9月から始められた撮影も、現地の福島県会津若松市、栃木県那須塩原市などで
行われたそうです。
ロケ現場に現地を使用することで、経済的にも精神的にも
活性が出ることもあるでしょうね。

撮影の内容も、その時代に戦争で何もかもを亡くした人たちが、
一生懸命に生きて、立ち直っていく姿を描いていくものです。

今回の2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』を観る時は、
私達視聴やも少なくとも、そういった被災地の方々や地域の復興を
願って、視聴していきたいと思います。




また、撮影の技術面、演出面では、
時代背景や、役者の細かい動きなどの細かい描写が出来る、特殊なカメラを使用しており、
ハイスピードで切り替わる場面には、あまり画面の切り替えなしに、一つをじっくりと
見せていくことで、まるで舞台で観ているような立体感や臨場感を感じさせる工夫がされているようです。

スタッフは、「桜や明かりの温かみなど、細かな背景でも、 見た瞬間にきれいと思えるような臨場感ある、満足度の高い映像を目指します」

と語ってます。

そういう、今までとは違う撮影法を使っている2013年NHK大河ドラマ『八重の桜』
今後も楽しみですね!




スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。