So-net無料ブログ作成

八重の桜 キャスト 新島襄 本名  [八重の桜キャスト]

スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体





odagiri.png180px-Jo_Niijima.jpg

八重の桜 キャスト 新島襄役のオダギリジョーさんの本名と、
実際の「新島襄」の本名ってご存知ですか?

幕末の混乱の世の中で、女性としては当時珍しく、勇敢に逞しく生きた、
山本八重、後の「新島八重」の生涯を描いた、2013年のNHK大河ドラマ、

「八重の桜」ですが、この八重の一生をさらに輝かしくも切ないものに
したのが、最後の夫となる「新島襄」の存在ですよね。

新島襄と言えば、同志社英学校(後の同志社大学)を設立した人物として
とても有名ですが、キリスト教の布教活動もしていました。

当時、まだ鎖国色の強かった日本から、新島襄は命がけでアメリカに渡ったのですが、
その時に乗り込んだ船の中でアメリカ人から

「Joe(ジョー)」と呼ばれるようになり、それから「襄」になったようです。

なので、実は本名は「襄」ではなく、「新島七五三太(にいじましめた)」という
名前だったんですねー

「しめた」という本名もかなり珍しいですけど、この時代にジョーなんて
珍しいなと思ってたんですよね。


そして、この新島襄役となるキャストには、「オダギリジョー」さんが
選ばれましたね。

これはやはり「ジョー」繋がりという理由も少なからずあるでしょう^^

そのキャスト、オダギリジョーさんも全部カタカナだし、芸名かな?
と本名を調べてみたら、

読みはそのまま本名なんですね。

漢字で本名を書くと、「小田切 譲」さん。

オダギリジョーさんのジョーは「ゆずる」という字でした。
この「ゆずる」とよく読まれてしまうという理由から、
芸名を「オダギリジョー」にしたそうです。


このキャスティングはみなさんどう思われました?

私は、新島襄が、八重とは正反対の“ジェントルマン”で、
優しそうな雰囲気の、でも芯が通っている感じは、

オダギリジョーさんのキャストで合っていると感じました。


「最も仲の良き夫婦は、性質の異なるものにある」という文章を残し、
46歳という若さで無くなるまで、妻の八重と強い絆で結ばれていた、
「先見の明」を持ち、行動力があり、悪妻とも言われた妻を愛し続けた
“幕末のジェントルマン”新島襄を、オダギリジョーさんがどう演じてくれるか
これも楽しみであります。


スポンサーリンク

※女性器に触れずに第三のオーガズムへ導く技法

⇒福田式オーガズム整体




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。